ガスのある暮らしを豊かに

高岡ガスグループ

  • 拡大
  • 標準

文字サイズ

お問い合わせ

↓Googleストリートビューあります

  • ホーム
  • よくある質問
  • サイトマップ

凍結によりお湯が出ない場合

  新着情報

気温の低下によりガス給湯器からお湯が出ない事例が発生しております。

原因として、給水管の中の水が凍結していることが考えられます。

 

○対処方法○

・ガス給湯器のリモコンが有る場合は電源を「OFF」にして、気温の上昇により自然に解凍するまでお待ちください。

 

・すぐにご使用になりたい場合は、給水元栓(バルブ)、配管に30~40℃のぬるま湯をかけるかドライヤー等で温めて解凍をお待ちください。

※イメージ図

解凍対応

 

今後、再び気温が下がり凍結することが予想される場合は、凍結防止として次の対処をお勧めします。

●手順●

①ガス給湯器のリモコンが有る場合は電源を「OFF」にして手順②へ。リモコンがない場合は手順③へ。

②お湯の蛇口(混合水栓の場合はお湯側)を開き少量の水を通水状態にして下さい。

③お湯の蛇口(混合水栓の場合はお湯側)を開きガス給湯器が作動しない程度の少量の水を通水状態にして下さい。

※ただし水道料金がかかります。